9.29 sat. 渋谷・シネクイントほかロードショー

黙ってピアノを弾いてくれ chilly gonzales

第68回ベルリン国際映画祭正式出品

〈狂気〉と呼ばれた男が奏でるピアノ。その音色は、なぜこんなにも美しく、感動的なのか。

出演:チリー・ゴンザレス ジャーヴィス・コッカー/ピーチズ/トーマ・バンガルテル(ダフト・パンク)ファイスト/ウィーン放送交響楽団 監督:フィリップ・ジェディック

ビヨーク、ダフト・パンク、ジェーン・バーキンら一流アーティストが心酔する、天才音楽家チリー・ゴンザレスの破天荒で感動的な魅力に迫る傑作ドキュメンタリー

  • チリー・ゴンザレス 傑作シリーズ最終章
  • YOU ARE CULTUREJUN
  • bonjour records

特典付き特別鑑賞券を通販で購入

2018年/ドイツ・フランス・イギリス合作/英語、ドイツ語、フランス語/85分/DCP/カラー/シネスコ 5.1ch/原題:SHUT UP AND PLAY THE PIANO/日本語字幕:額賀深雪/提供:トランスフォーマー+パルコ © RAPID EYE MOVIES / GENTLE THREAT

特典付き特別鑑賞券を通販で購入

  • チリー・ゴンザレス 傑作シリーズ最終章
  • YOU ARE CULTUREJUN
  • bonjour records

INTRODUCTIONイントロダクション

ビョーク、ダフト・パンク、ジェーン・バーキンらが
心酔する天才音楽家、
チリー・ゴンザレスの
破天荒で感動的な魅力に迫る、
傑作音楽ドキュメンタリー!

チリー・ゴンザレス

挑発的な言動、強烈すぎるキャラクター、そして唯一無二の音楽性で知られるピアニスト・作曲家、チリー・ゴンザレス。90年代後半、モントリオールからベルリン、パリへとわたった彼は、クラシックとジャズで培ったピアノ技術とラッパースタイルでアンダーグラウンドシーンから頭角を現し、〈異端〉の天才として時代の寵児となった。〈狂気〉とも呼ばれる言動とは裏腹に、奏でられるピアノの音色の繊細な美しさ。人々を魅了してやまないそのメロディの向こうには、独創性とユーモア、そして人間味に満ちた、知られざる彼の生き様そのものが溢れていた―。ベルリン国際映画祭で鳴り止まないスタンディングオベーション! ダフト・パンクやウィーン放送交響楽団との圧巻のステージも。ピーチズ、ファイスト、トーマ・バンガルテル(ダフト・パンク)、ジャーヴィス・コッカーらとの共演など、ライブパフォーマンスも多数収録。中でもウィーン放送交響楽団とのステージでの驚愕のパフォーマンスは圧巻だ。チリー・ゴンザレスの名を全く知らない人でも、観るとまたたく間に大ファンになってしまう、最高のエンターテイメント作。プレミア上映を果たしたベルリン国際映画祭では、会場を爆笑と感動に包み込み、満員の観客は鳴り止まないスタンディングオベーションを浴びせ熱狂した。

STORYSTORYストーリー

破天荒な言動と裏腹に、奏でられる
美しいメロディ。
ピアノの向こうに、
愛すべきひとりの人間の生き様が見える―。

チリー・ゴンザレスは、グラミー賞受賞歴のある作曲家であり、名ピアニスト、そしてエンターテイナーである。ラップ、エレクトロ、ピアノの間を縦横無尽に交差し、従来の枠にとらわれない唯一無二のポップパフォーマーとなった。このエキセントリックなアーティストは、ファイストやジャーヴィス・コッカー、ピーチズ、ダフト・パンク、ドレイクといったようなアーティストたちにインスピレーションを与え、共にコラボレーションをしている。変わり続けることが、ゴンザレスの旅で唯一変わらないことのようだ。観客が彼を解明したと思うたびに、彼は急進的な動きを見せ、なかなか本性を掴ませようとしない。ドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』は、ゴンザレスを、母国カナダから90年代後半のベルリン、そしてパリを経て、世界の名だたるフィルハーモニーホールの演奏まで追う。本作では、ゴンザレスの自信喪失と誇大妄想がコインの裏表になっており、彼のステージでの人格のダイコトミー(二分法)に深く潜り込んでいく。ゴンザレスの遊び心に満ちたキャラクターは、本作の演出にも反映されている。ゴンザレスの幅広い映像アーカイブを用いた本作は、新たに撮影されたインタビューやコンサートシーンに全く異なる時間の架空の素材を織り交ぜることで、彼の人物像を探索していく。私たちがチリー・ゴンザレスの世界へと旅をするにつれ、現実とフィクションの境が不鮮明になっていく。

ABOUT THE CHILLY GONZALESABOUT THE CHILLY GONZALES

チリー・ゴンザレス

chilly gonzaleschilly gonzales

〈狂気〉の天才音楽家、チリー・ゴンザレスとは?〈狂気〉の天才音楽家、チリー・ゴンザレスとは?

チリー・ゴンザレス

  • カナダ出身の作曲家、ピアニスト、稀代のエンターテイナー。本名はジェイソン・チャールズ・ベック。
    ゴンザレスの代名詞と言えば、心の奥深くに触れるようなピアノタッチが印象的な大ヒットアルバム『Solo Piano』、『Solo Piano II』、類稀なるショーマンシップ、そしてトップアーティストたちへの楽曲提供やプロデュースなどが挙げられるだろう。親しいコラボレーターからは“ゴンゾ”という愛称で呼ばれている。時代の寵児を志す彼は、クラシックとジャズで培ったピアノ技術とラッパースタイルで人々を魅了してきた。
    27時間以上というピアノ演奏のギネス世界最長記録の持ち主であるチリー・ゴンザレスは、ジャーヴィス・コッカーやファイスト、ドレイクといったアーティストとコラボレーションをしてきた。そしてiPadのCMで使用された「Never Stop」で世界的な知名度を獲得。2014年には年間最優秀アルバムに選ばれたダフト・パンクの『Random Access Memories』に参加しグラミー賞を受賞。大人のためのやさしいピアノ教本『Re-Introduction Etudes』はベストセラーを記録。2015年には伝統的な室内楽に現代風のアレンジを加えたアルバム『Chambers』を発表した。
  • ゴンザレスは“音楽科学者”としても活躍している。彼のウェブシリーズ『Pop Music Masterclass』(ドイツでは西部ドイツ放送、カナダではカナダ放送協会にて放送)では、それが顕著に表れている。BBC Radio1のドキュメンタリー『Classical Connections』や独仏共同テレビ局アルテの『The History of Music』でもそうだ。Apple MusicのBeats1で月に1回配信される2時間のラジオ番組『Music’s Cool with Chilly Gonzales』では、ユニークな切り口で、あらゆるジャンルの音楽の理論や楽しみ方を、各ジャンルから1人の代表的なアーティストとその作品を取り上げて紹介している。また、英紙ガーディアンやi-Dマガジン、Clashマガジンなどの紙媒体でも意見を述べ、ZEITmagazinやオレンジ主宰のイベント、ジュノー賞、ケルン国際文学祭などへの出席や基調演説も積極的に行っている。
  • 近年の活動では、ゴンザレスの起業家精神が垣間見られる。教育面における最も輝かしい功績は、音楽学校【ザ・ゴンザーヴァトリー】の開設だろう。学生たちの受講費はすべて無料。7人の厳選された生徒たちがパリで音楽パフォーマンスのワークショップに参加した。講義の内容は、「ミュージカル・ヒューマニズム、観客心理の理解、2018年におけるパフォーミング・アーティストとしての意義の探求」である。1週間に渡る厳しいコーチング、マスタークラスの受講、リハーサルを経て、若きミュージシャンたちは“Master of Ceremony=式典の達人”であるチリー・ゴンザレスと共に1500人のファンの前で音楽を演奏。ザ・ゴンザーヴァトリーのワークショップとコンサートは独仏共同テレビ局アルテにてライブ配信され、アルテ史上2番目のコンサート視聴回数を記録した。すでに、2019年度の開催も企画されている。2004年に発売された人気シリーズ「ソロ・ピアノⅠ」に続く、三部作の最終章「ソロ・ピアノⅢ」を9月7日(金)にリリースする。

THEATER劇場情報

chilly gonzales

chilly gonzales

都道府県 劇場名 お問い合わせ 公開

THEATER劇場情報

chilly gonzales

chilly gonzales

CHILLY GONZALES

その旋律に、人生が詰まっている。

チリー・ゴンザレス

CHILLY GONZALES

page top